神戸トヨペットニュース

リコール情報/ RECALL

ご愛用のみなさまへ

ご愛用の皆様には大変ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。

お客様に"安心" "安全"にお乗り頂くため、最寄りの神戸トヨペット各店にご来店日時などをご相談いただき、お早目に点検・修理(無料)をお受けいただきます様お願い申し上げます。

リコール情報

86のリコール

平成29年10月から12月に生産した86の一部車両につきまして、平成30年2月8日に株式会社SUBARUより下記内容のリコールを国土交通省へ届け出しました。
ご愛用の皆様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、最寄りの神戸トヨペット各店にご来店日時などをご相談いただき、お早目に点検・修理(無料)をお受けいただきます様お願い申し上げます。

お客様のご愛用車が対象車両かどうかは、リコール等情報対象車両検索でご確認いただけます。

不具合の状況
車両製作工場の完成検査において、所定の教育を受けずに登用された完成検査員が合否判定を行ったものが認められたため、道路運送車両の保安基準に関する検査が適切に行われていませんでした。

改善の内容
全車両、指定整備工場において点検および自動車検査員による確認を行います。道路運送車両の保安基準に関する不具合が認められた場合は是正します。

対象車両
メーカーサイトよりご確認ください。

アルファード、プリウスなどのリコール

平成27年5月から12月に生産したアルファード、プリウスの一部車両につきまして、平成30年1月31日に下記内容のリコールを国土交通省へ届け出しました。
ご愛用の皆様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、最寄りの神戸トヨペット各店にご来店日時などをご相談いただき、お早目に点検・修理(無料)をお受けいただきます様お願い申し上げます。

お客様のご愛用車が対象車両かどうかは、リコール等情報対象車両検索でご確認いただけます。

不具合の状況
エアバッグ制御システムにおいて、(1)加速度センサまたは(2)圧力センサ内ICチップの製造条件が不適切なため、IC内部で断線することがあります。そのため、エアバッグ警告灯が点灯し、エアバッグが正常に作動できないおそれがあります。

改善の内容
全車両、各センサの製造番号を点検し、該当する場合は良品と交換します。

対象車両
メーカーサイトよりご確認ください。

タンクのサービスキャンペーン

平成28年10月から11月に生産したタンクの一部車両につきまして、平成29年11月30日より、下記内容のサービスキャンペーン(無料修理)を実施させていただくことに致しました。
ご愛用の皆様には大変ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、最寄りの神戸トヨペット各店にご来店日時などをご相談いただき、お早目に点検・修理(無料)をお受けいただきます様お願い申し上げます。

お客様のご愛用車が対象車両かどうかは、リコール等情報対象車両検索でご確認いただけます。

1.車両の現象
右側リヤシートの格納作業を補助するスプリングの形状が不適切なため、リヤシート格納時に当該スプリングが外れて、格納時の操作力が増大するおそれがあります。

2.改善の内容
全車両、当該スプリングを改良品と交換します。

3.対象車両
メーカーサイトよりご確認ください

タンクのリコール

平成29年9月から10月に生産したタンクの一部車両につきまして、平成29年11月24日にダイハツ工業(株)より下記内容のリコールを国土交通省へ届け出しました。
ご愛用の皆様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、最寄りの神戸トヨペット各店にご来店日時などをご相談いただき、お早目に点検・修理(無料)をお受けいただきます様お願い申し上げます。

お客様のご愛用車が対象車両かどうかは、リコール等情報対象車両検索でご確認いただけます。

不具合の状況
制動倍力装置のバキュームホースにおいて、組付け作業が不適切なため、ホース内面に異物が付着しているものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ホースに挿入されているチェックバルブが固着して負圧が十分に供給されず、ブレーキペダルの操作力が増大するおそれがあります。


改善の内容
全車両、バキュームホースを新品と交換します。

対象車両
メーカーサイトよりご確認ください。

プリウスPHVのリコール

平成23年から平成27年に生産したプリウスPHVの一部車両につきまして、平成29年11月15日に下記内容のリコールを国土交通省へ届け出しました。
ご愛用の皆様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、最寄りの神戸トヨペット各店にご来店日時などをご相談いただき、お早目に点検・修理(無料)をお受けいただきます様お願い申し上げます。

お客様のご愛用車が対象車両かどうかは、リコール等情報対象車両検索でご確認いただけます。

不具合の状況
プラグインハイブリッド車の駆動用バッテリにおいて、ハイブリッドシステム保護用ヒューズ(EVヒューズ)の容量が不適切なため、高負荷運転を繰り返すと当該ヒューズが疲労断線することがあります。そのため、警告灯が点灯し、最悪の場合、ハイブリッドシステムが停止して走行不能となるおそれがあります。


改善の内容
全車両、EVヒューズを対策品と交換します。

対象車両
メーカーサイトよりご確認ください。

ホーム>神戸トヨペットニュース一覧>リコール情報

pagetop