神戸トヨペットニュース

リコール情報/ RECALL

リコール情報: 2016年10月

オーリスなどのリコール

平成12年から平成23年に生産したオーリスなどの一部車両につきまして、平成28年10月26日に下記内容のリコールを国土交通省へ届け出しました。
ご愛用の皆様には大変ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、販売店よりご案内させていただきます(11月上旬から順次)ので、最寄りの神戸トヨペット各店にご来店日時などをご相談いただき、お早目に点検・修理(無料)をお受けいただきます様お願い申し上げます。

お客様のご愛用車が対象車両かどうかは、リコール等情報対象車両検索でご確認いただけます。


不具合の状況
助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがあります。
このため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがあります。

改善の内容
全車両、予防的措置としてエアバッグインフレータまたはエアバッグアッセンブリを改良品と交換します。
なお、交換用部品が不足した場合には、助手席エアバッグの機能を停止するとともに、助手席サンバイザ部に当該エアバッグが作動しない旨の警告を表示します。

対象車両
メーカーサイトよりご確認ください


プリウスのリコール

平成27年から平成28年に生産したプリウスの一部車両につきまして、平成28年10月12日に下記内容のリコールを国土交通省へ届け出しました。
ご愛用の皆様には大変ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、最寄りの神戸トヨペット各店にご来店日時などをご相談いただき、お早目に点検・修理(無料)をお受けいただきます様お願い申し上げます。


不具合の状況
駐車ブレーキにおいて、パーキングケーブルの固定方法が不適切なため、車両振動によりケーブルが作動レバーから外れ、駐車ブレーキが作動できなくなるおそれがあります。

改善の内容
全車両、パーキングケーブルのダストブーツ先端部にクリップを追加します。

対象車両
メーカーサイトよりご確認ください


  • 1

ホーム>神戸トヨペットニュース一覧>リコール情報: 2016年10月

pagetop