神戸トヨペットニュース

リリース情報/ RELEASE NEWS

リリース情報

プリウスPHVをフルモデルチェンジ

-次世代環境車の柱として、EV走行距離を従来型比2倍超の68.2kmに拡大-

20160215_phv.jpgプリウスPHV「A」

・EVモードでの走行距離を68.2km*1に拡大。充電した電気が切れてもハイブリッド車として37.2km/L*2の低燃費を実現
・普通充電(200Vまたは100V)、急速充電*3、ソーラー充電システム*4とニーズで選べる充電方法
・トヨタ初の11.6インチT-Connect SDナビゲーションシステム*5とDCM*5*6により、安心・安全・便利な、つながるサービス「T-Connect」を提供

プリウスPHVをフルモデルチェンジし、2月15日に発売しました。

トヨタ自動車(株)(以下トヨタ)は、プラグインハイブリッド車(PHV)をハイブリッド車に次ぐ「次世代環境車の柱」として位置付け、大幅な商品強化に取り組んできました。
新型プリウスPHVは、「プリウス」の特長である環境性能を大幅に進化させたほか、電気自動車(EV)らしい力強くスムーズな走りを実現。未来感あふれる先進装備に加えて充電の利便性も向上させ「いいクルマ」として進化させました。

PHVは、日々の通勤や買い物などではガソリンを使わないEVとして走行し、電池がなくなってもハイブリッド車として長距離ドライブを楽しむことができます。
トヨタは、PHVを人とクルマと自然が共生する社会を目指す「トヨタ環境チャレンジ2050」の基幹車種と位置付けており、今後も更なる商品強化に取り組んでいきます。

今回あわせて、新たにウェルキャブ(メーカー完成特装車)を設定し、4月より発売予定。
新設定の助手席回転チルトシート車は、回転したシートの座面前側を下げることにより、要介助者の乗り降りをサポートするほか、介助者の負担も軽減いたします。

*1 エンジン、駆動用バッテリーの状態、エアコンの使用状況や運転方法(急加速・所定の車速を超える)、道路状況(登坂)などによっては、バッテリー残量に関わらずEV走行が解除されエンジンが作動。JC08モード・充電電力使用時走行距離。国土交通省審査値
*2 JC08モード走行燃費。国土交通省審査値
*3 Sを除く全車に標準装備、Sにオプション設定
*4 S、S"ナビパッケージ"にオプション設定
*5 Sを除く全車に標準装備
*6 DCM Data Communication Module

詳しくは下記メーカーサイト、または神戸トヨペット各店までお問い合わせください。

プリウスPHVメーカーサイトはこちらをご覧ください。
プリウスPHV ウェルキャブメーカーサイトはこちらをご覧ください。

ホーム>神戸トヨペットニュース一覧>プリウスPHVをフルモデルチェンジ

pagetop