神戸トヨペットニュース

リリース情報/ RELEASE NEWS

リリース情報

ハリアーにターボエンジンを搭載

-マイナーチェンジで、「ハリアーネス」をさらに進化-

20170608_001.jpgPROGRESS"Metal and Leather Package"(2.0L直噴ターボ・2WD)

・2.0L直噴ターボエンジン搭載による爽快な走りを実現
・衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」をはじめとする先進装備を充実

1997年に、ハリアーの初代モデルを発売。「WILD BUT FORMAL」のキャッチコピーのもと、「高級クロスオーバーSUV」という新ジャンルを開拓した。2003年に発売した2代目は、プリクラッシュセーフティの世界初導入やハイブリッド車の導入など、初代以来築いてきた「高級・先進・洗練」を軸とする「ハリアーネス」を確固たるものとするべく開発されました。

2013年に発売した3代目は、国内専用車として開発。高級クロスオーバーSUVのパイオニアに対する高い期待に応えるべく、ハリアー独自のスタイリングに加え、パノラミックビューモニター(左右確認サポート付)やレーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)をはじめとする先進装備の積極的な採用など、高級感と先進性がさらに進化しました。

初代モデルの発売からまもなく20年を迎え、今回マイナーチェンジでテーマを「ハリアーネスのさらなる進化」としました。
動力では、滑らかで爽快な加速感を実現する2.0L直噴ターボエンジンを新採用し、スポーティさを追求。
また、より進化した都会的なエクステリアに加え、アルミヘアライン加飾を施したシフトパネルやプレミアムナッパ本革を採用したシート表皮など、「本物感」から「本物」を追求したインテリアを実現しました。

さらに、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」をはじめとする安全装備の充実を図るなど、細部にわたる改良を施しています。

*「高級・先進・洗練」を軸とするハリアーブランドの総称


詳しくは下記メーカーサイト、または神戸トヨペット各店までお問い合わせください。

ハリアーメーカーサイトはこちらをご覧ください。

>>神戸トヨペット HARRIER スペシャルサイトはこちら



ホーム>神戸トヨペットニュース一覧>ハリアーにターボエンジンを搭載

pagetop