神戸トヨペットニュース

リコール情報/ RECALL

リコール情報

シエンタ ハイブリッド車のリコール

平成27年から平成30年に生産したシエンタ ハイブリッド車の一部車両につきまして、
令和元年6月26日に下記内容のリコールを国土交通省へ届け出しました。

ご愛用の皆様には大変ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、
最寄りの神戸トヨペット各店にご来店日時などをご相談いただき、
お早目に点検・修理をお受けいただきます様お願い申し上げます。

お客様のご愛用車が対象車両かどうかは、リコール等情報対象車両検索でご確認いただけます。

1.不具合の状況
ハイブリッド車において、エンジンルーム後部に取付けているカウルルーバの防水構造が不適切なため、
集中豪雨など多量の雨水がかかった場合、水がエンジン上部に滴下して、インジェクタ取付け部から燃焼室に浸入することがあります。
そのため、コンロッドが変形して異音が発生し、最悪の場合、エンジンが破損するおそれがあります。


2.改善の内容
カウルルーバの仕様に応じてシール材を貼り付けるとともに、全車両、エンジンに防水カバーを追加します。
また、エンジンの燃焼室を点検し、異常がある場合はエンジンを新品に交換します。


3.対象車両

メーカーサイトよりご確認ください

ホーム>神戸トヨペットニュース一覧>アクアなど ハイブリッド車のリコール

pagetop